名古屋城

木造天守閣、課題山積

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
実測図に基づいた名古屋城天守閣の木造復元のCG画像=川地正数・中部大非常勤講師提供
実測図に基づいた名古屋城天守閣の木造復元のCG画像=川地正数・中部大非常勤講師提供

 河村たかし市長が推進する名古屋城天守閣の木造復元事業は、昨年6月から4度の議会審議を経て、ようやく動き出すことになった。前例のない木造復元に期待する声がある一方で、国の特別史跡のため、事業着手には文化庁の審査があるうえ、収支計画の甘さを指摘する声もあり、課題は山積している。【梶原遊、三上剛輝、山口朋辰】

 名古屋城の入場者数は年間174万人(2015年度)。市は木造復元直後、2.6倍の452万人が訪れ、2年ほどで人気が下がるが、年間366万人の入場者数を45年間維持できると見込む。

この記事は有料記事です。

残り1222文字(全文1465文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集