メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

差を分けたツーシーム 「動く球への対応」に課題

 菊池の本塁打を含むわずか4安打と打線が湿った日本。小久保監督は試合後、「相手投手の球が動く威力やスピードがワンランク上だった」と認めた。

 相手先発のロアークに対し、侍打線はツーシームを中堅方向に打ち返す狙いで試合に臨んだ。しかし、そのツーシームの鋭さが想像以上で、打つ際にボールが重く感じたという。四回に打席に…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 月経周期の平均日数は年齢とともに変化 国立成育医療研究センターが発表

  2. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  3. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  4. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  5. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです