メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WBC

差を分けたツーシーム 「動く球への対応」に課題

 菊池の本塁打を含むわずか4安打と打線が湿った日本。小久保監督は試合後、「相手投手の球が動く威力やスピードがワンランク上だった」と認めた。

 相手先発のロアークに対し、侍打線はツーシームを中堅方向に打ち返す狙いで試合に臨んだ。しかし、そのツーシームの鋭さが想像以上で、打つ際にボールが重く感じたという。四回に打席に…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不法残留 容疑でベトナム人4人逮捕 伊香保の旅館 /群馬
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 東洋の魔女に「吉報」届かず 東京五輪・パラ チケット抽選結果発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです