WBC

差を分けたツーシーム 「動く球への対応」に課題

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 菊池の本塁打を含むわずか4安打と打線が湿った日本。小久保監督は試合後、「相手投手の球が動く威力やスピードがワンランク上だった」と認めた。

 相手先発のロアークに対し、侍打線はツーシームを中堅方向に打ち返す狙いで試合に臨んだ。しかし、そのツーシームの鋭さが想像以上で、打つ際にボールが重く感じたという。四回に打席に…

この記事は有料記事です。

残り235文字(全文391文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集