メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

森友学園

稲田防衛相夫の弁護士に「小学校について相談」 衆院証人喚問詳報(4)

衆院予算委員会の証人喚問で、質問を聞く学校法人「森友学園」の籠池泰典理事長=国会内で2017年3月23日午後3時半、竹内紀臣撮影

<枝野幸男氏(民進)の質問>の続き

枝野氏 専門家として、どうして(申請を)取り下げた方がいいのかという説明は。

籠池氏 私学審議会で答申が下りないということで。大阪府との調整も、この代理人が中心にやってくれていました。私も担当課の方から直接電話をもらうことなく、担当弁護士がやっていました。ニュアンスはどうもつかみかねていたので、代理人の意見を聞きました。ただ、意見を聞いたがゆえに、本来は大阪府に対する賠償請求は我々が取り下げましたから、なかなかできにくくなっています。国の財産である土地も返すことになるし、建物も全て潰してということになっているので、これは利益背反行為だと、今は思っております。

枝野氏 「取り下げた方がいいよ」とアドバイスされて、実際に取り下げをされたら直後に酒井弁護士が担当を辞めている。どういう理由ですか。

この記事は有料記事です。

残り4203文字(全文4567文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  3. 「参加費返して」「やっと当たったのに…」 東京マラソン 一般参加者とりやめ、返金せず

  4. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです