メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
人生は夕方から楽しくなる

漫画家 モンキー・パンチさん

「中学生の頃は『毎日中学生新聞』に絵を描いて投稿していましたよ」=千葉県佐倉市で2017年3月2日、中村藍撮影

上質な作品追求へ、何でもチャレンジ

 「その機種は何ですか?」。写真部記者が一眼レフカメラを向けると、興味深そうに尋ねてきた。機械いじりがとにかく好きらしい。子供の頃はラジオを自分で組み立てたほど。パソコンに初めて触れたのは1975年、米国の友人宅に置いてあった1台だった。「これは何の機械だろうって。当時の価格で50万円ほどしたかな。すぐに現地で購入して持ち帰りました」。コンピューターでの作品作りは88年から。仕事場に置かれたマッキントッシュ。スイッチを入れてもらうと、色鮮やかな作品が浮かび上がった。

 国民的漫画「ルパン三世」を描いてから50年を迎える。こんなに長く愛される理由は、作者自身も分からな…

この記事は有料記事です。

残り1537文字(全文1839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです