特集

シネマの週末

ベテラン映画記者が一本の映画をさまざまな視点から論評を加えます。チャートの裏側も紹介。

特集一覧

シネマの週末・トピックス

パッセンジャー

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 地球から遠く離れた移住先の惑星に向け、宇宙を航行するアヴァロン号。乗客5000人のうち労働者階級の青年ジム(クリス・プラット)だけが、装置の不具合で予定より90年も早く冬眠から目覚めてしまう。その1年後、若き作家オーロラ(ジェニファー・ローレンス)も目を覚まし、孤独にさいなまれていたジムは彼女と恋に落ちていく。

 広大な宇宙で二人きりの特殊な状況に陥った男女の姿を描くSFラブストーリーだ。視覚効果を駆使したスペクタクルに依存しがちの昨今のハリウッド大作とは違い、豪華客船のように多様な娯楽施設を備えた宇宙船内の様子を念入りに映像化。その静寂に包まれたシークエンスの繊細さが、主演俳優2人の魅力を引き立てている。危機的な事態が発生すると、なぜか描写が大味になる難点もあるが、無重力化したプールなどのビジュアルも新…

この記事は有料記事です。

残り123文字(全文480文字)

あわせて読みたい

注目の特集