メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

震災6年・17年とうほく

特別出向、最後の5警官離任 「代わりに復興見届けて」 帰任後も経験生かす /岩手

特別出向者を代表して答辞を述べる池田一彦巡査部長(右)=盛岡市内丸の県警本部で

 東日本大震災の復興に役立ちたいと、広島県警の池田一彦巡査部長(37)ら岩手県警に特別出向していた5人が今月、被災地での任務を終えた。「少しは役に立てたかな」。5人はそれぞれの元の勤務地に戻り、沿岸での経験を生かしていく。【藤井朋子】

 池田さんはこの2年間、大槌町や釜石市の交番で勤務した。2011年の当時、広島県警の広域緊急援助隊に所属。3月11日の震災が発生した数時間後に同僚とバスに乗り込んだ。翌日、福島県に到着。10日間ほど行方不明者の捜索などにあたった。

 東北の被災地に再び強く心を寄せたのは、その3年半後の2014年8月。地元・広島で77人が犠牲になっ…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです