メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チンドンの世界

/15止 誇れる職業 メシ食えなくても 愛する若者の新時代へ /東京

 <この仕事、せがれには継がせなかったんです。仕事は減る一方で、昭和のしまいには本当に干上がっちまった。ヤツには勉強させて大学行かせて、堅気な会社を選ばせて、本当に良かったと思ってるんだ>

 2003年4月19日、NHK-FMで放送されたラジオドラマ「FMシアター あの音」は、商店街を舞台にチンドン屋の仕事を描いた作品。年老いた親方がチンドン人生を振り返るセリフは、かつてのチンドン業界の実情を象徴する。

 東京のチンドン屋は戦前から家業として継承されたところが多く、昭和30年代(1955~64年)にピー…

この記事は有料記事です。

残り1573文字(全文1825文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです