警察犬

きな子安らかに 丸亀でお別れの会 60人見送る /香川

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
きな子の出棺を見送る丸亀警察犬訓練所の訓練士らと、きな子の子ら=香川県丸亀市郡家町の讃岐セレモニー郡家会館で、山口桂子撮影
きな子の出棺を見送る丸亀警察犬訓練所の訓練士らと、きな子の子ら=香川県丸亀市郡家町の讃岐セレモニー郡家会館で、山口桂子撮影

 多くの人に愛され、老衰のため20日に死んだ県警の元嘱託警察犬「きな子」のお別れの会が23日、丸亀市の讃岐セレモニー郡家会館であった。葬祭会社の配慮で特別に会場使用が認められたといい、県内外から集まった約60人が、最後の別れを惜しんだ。

 きな子は、雌のラブラドルレトリバー。14歳10カ月だった。警察犬試験に6年連続で落ちながらも、そのひたむきな姿が共感を呼び、テレビや映画などで広く紹介された…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

あわせて読みたい

注目の特集