連載

記者の目

最前線の記者がそれぞれの取材テーマを論じます。1976年にスタートした毎日新聞を代表するコーナー。

連載一覧

記者の目

GPS捜査 最高裁違法判決=島田信幸(東京社会部)

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
令状なしのGPS捜査を刑事訴訟法に違反すると判断した最高裁大法廷=15日、北山夏帆撮影
令状なしのGPS捜査を刑事訴訟法に違反すると判断した最高裁大法廷=15日、北山夏帆撮影

令状主義の重み、徹底を

 最高裁大法廷が15日、裁判所の令状を取らない全地球測位システム(GPS)捜査を刑事訴訟法違反と判断する判決を言い渡した。GPS捜査は事実上できなくなり、警察からは治安への影響を懸念する声が上がる。だが、今回の結果は、裁判所の令状がなければ強制的な捜査を認めない憲法の「令状主義」を軽んじた警察自身が招いたものだ。判決は、人権の保障と適正捜査の両立を図る憲法や刑事訴訟法の本旨に立ち返れというメッセージを送った。警察側は重く受け止めるべきだ。

 警察はGPS端末をひそかに捜査対象者の車に取り付け、スマートフォンなどで居場所を把握する捜査をしてきた。裁判でまず問われたのは、令状のないGPS捜査が許されるかどうかだ。

この記事は有料記事です。

残り1568文字(全文1886文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集