連載

鉄路の行方・JR発足30年

巨額債務を負った国鉄を分割・民営化し、JR旅客6社と貨物1社が誕生して4月1日で30年。民間の知恵による活性化が生まれる一方、地域で廃線が進むなど光と影が交じる。各社の軌道を追った。

連載一覧

鉄路の行方・JR発足30年

/4 JR東海 リニア「自前」に国の影

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 1日平均約41万人が利用するJR東海の名古屋駅。昨年12月、地下約30メートルでリニア駅を整備する工事の起工式があり、柘植(つげ)康英社長は「在来線の直下で工事を進める。細心の注意を払いたい」と気を引き締めた。

 時速500キロで走るリニア中央新幹線は東京・品川-名古屋を最短40分で結び、2027年に先行開業。その後、大阪に延伸する。総建設費約9兆円。「自主経営」の総仕上げとも言えるビッグプロジェクトだ。「人口7000万人の巨大な都市圏が形成される」「東海道新幹線と2本立てとなることで災害に強い大動脈ができる」など期待も破格だ。

 JR各社が不採算路線の整理や事業多角化を迫られる中、JR東海はドル箱の東海道新幹線で高い利益率を誇る。16年3月期の運賃収入(単体)1兆2947億円のうち、9割超は新幹線で稼いだ。

この記事は有料記事です。

残り1277文字(全文1635文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集