メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

地震で家具転倒、防ぐには

家具を固定する金具の取り付け方を学ぶ、家具固定ボランティア養成講座の受講者たち=愛知県知立市で

 近年の大震災では、多くの人が家具の転倒により死傷した。被害の拡大を防ぐため、家具の配置を見直したり固定したりするなど、家庭での防災対策の徹底が求められている。

 ●固定推進員制度

 南海トラフ巨大地震の被害想定で、家具転倒・落下による死者数が最多とされた愛知県は、2015年度に「家具固定推進員」派遣制度を設け、16年度には「家具固定ボランティア」の養成講座も始め、家具固定の普及を進めている。

 講師を務める一人は、04年に「かぐてんぼう隊」を組織して家具の転倒防止を広めてきた一般社団法人「わ…

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1438文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  2. 参院選 後半情勢・毎日新聞総合調査 改憲、3分の2厳しく 1人区で自民防戦
  3. トランプ大統領、非白人議員に「国に帰ってはどうか」 投稿に批判噴出
  4. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?
  5. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです