WBC

決勝 米国8-0プエルトリコ 初V、これぞ米国野球

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
【米国-プエルトリコ】優勝を決め、喜ぶ米国の選手たち=久保玲撮影
【米国-プエルトリコ】優勝を決め、喜ぶ米国の選手たち=久保玲撮影

 <2017 WORLD BASEBALL CLASSIC>

 【ロサンゼルス細谷拓海】野球の国・地域別対抗戦、第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)は22日、当地のドジャースタジアムで決勝が行われ、米国がプエルトリコに8-0で完勝して、初優勝を果たした。米国はこれまで第2回(2009年)の4強が最高だった。プエルトリコは13年の前回大会に続く準優勝。米国は三回にキンズラー(タイガース)の2点本塁打で先制し、五回はイエリチ(マーリンズ)、マカチェン(パイレーツ)の適時打で2点。終盤にも得点を重ねて突き放した。先発のストローマン(ブルージェイズ)が七回の先頭打者に安打を許すまで無安打と好投し、最優秀選手(MVP)に選ばれた。

 各ポジションの優秀選手も発表され、日本からは投手で今大会最多タイの16奪三振を記録した千賀(ソフトバンク)が選ばれた。

この記事は有料記事です。

残り1211文字(全文1591文字)

あわせて読みたい

注目の特集