森友学園

松井大阪知事「百条委設置が必要」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
松井一郎知事=大阪市天王寺区で2016年11月16日午後7時48分、三浦博之撮影
松井一郎知事=大阪市天王寺区で2016年11月16日午後7時48分、三浦博之撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」の小学校新設計画を巡る問題で、大阪府の松井一郎知事(大阪維新の会代表)は24日、自民党府議団が府議会に調査特別委員会(百条委員会)の設置を求めていることに関し、設置されるべきだとの考えを示した。府庁で記者団に語った。自民が同日午前の議会運営委員会理事会で他会派に設置を提案し、維新や公明党などは午後、対応を協議する。理事会では反対意見は出なかったという。

 自民は23日に府議会が私立学校審議会会長を参考人招致した際に、百条委の設置を求める考えを表明していた。府議団幹部によると、月内にも第1回の委員会を開き、問題点の洗い出しや出頭を求める関係者の人選をしたい考えだ。設置が実現すれば、府議会では1951年以来、2例目となる。百条委は地方自治法100条に基づき、議員の過半数の賛成で設置。証人は正当な理由がなければ出頭を拒否できず、虚偽証言には3月以上5年…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文653文字)

あわせて読みたい

注目の特集