鳥インフル

千葉・旭で感染確認 6.8万羽の殺処分開始

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 千葉県は24日、同県旭市の養鶏農場で、5羽が高病原性鳥インフルエンザ(H5型)に感染していたことが確認され、家畜伝染病予防法に基づき、飼育している採卵鶏約6万8000羽の殺処分を始めたと発表した。

 県によると21~23日、農場の鶏舎3棟のうち1棟で計118羽が死んでいるのが見つかった。簡易検査で陽…

この記事は有料記事です。

残り148文字(全文298文字)

あわせて読みたい

ニュース特集