船の科学館

南極観測船「宗谷」 4月から公開再開

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
修復工事を終え、再公開の準備が進む初代南極観測船の宗谷=東京都品川区で2017年3月23日、米田堅持撮影
修復工事を終え、再公開の準備が進む初代南極観測船の宗谷=東京都品川区で2017年3月23日、米田堅持撮影

3カ月のお色直し終え

 東京・お台場の「船の科学館」(東京都品川区)で保存されている南極観測船「宗谷」が、内部の修理や船体の塗り直しなどを終え、4月1日から一般公開されることになった。

 「宗谷」は、1956年から62年まで初代の南極観測船として使用され、その後は78年まで北海道・函館海上保安部の巡視船として北の海で活躍した。翌年から船の科学館で保存され、一般公開されてきたが、新たな旅客船ターミナル建設のために係留場所を変更することになり、2016年9月から…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

あわせて読みたい

注目の特集