メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自殺者数

介護疲れ動機が増加 16年統計

 厚生労働省が23日公表した2016年の自殺者数(確定値)の統計で、介護や看病の疲れが原因や動機だったのは251人で、前年の243人より増加したことが分かった。自殺者数全体は減り続けており、高齢化の進展で介護の悩みが深刻になっていることが浮き彫りになった。

 原因や動機は遺書などから推定し、三つまで挙げている。「介護・看病疲れ」は男性151人、女性100人…

この記事は有料記事です。

残り267文字(全文445文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  4. GPIF理事長を減給処分 「女性と関係」内部通報、監査委員に報告遅れ

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです