メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

よさこいで「2020」盛り上げ 35団体集結

全国から集まった踊り手たち約120人が華麗な踊りを披露し、よさこいの魅力を伝えた

 よさこいで東京オリンピック・パラリンピックを盛り上げようと、16日、東京都千代田区丸の内2の「KITTEアトリウム イベントスペース」で「2020よさこいで応援プロジェクト~よさこい for Tokyo 2020 キックオフイベント~」(高知県・高知市主催)が開かれた。

 はじめに、尾崎正直高知県知事が「1954年に高知で誕生したよさこいは自由度が高く、踊りも振り付けも自由で現在は全国200カ所以上だけでなく、世界19カ国でも踊られるようになった。こうしたネットワークを利用して、3年後の大会を盛り上げ、開会式や閉会式でもよさこいが踊れるように要請をしていきたい」とあいさつ。

 続いて、同県南国市出身のタレント、島崎和歌子さんや高知市在住でリオデジャネイロ・パラリンピック車いすラグビー銅メダリストの池透暢(ゆきのぶ)選手、日本陸連マラソン強化プロジェクトリーダーの瀬古利彦さん、同五輪重量挙げ銅メダリストの三宅宏実選手、高知市の岡崎誠也市長が登壇し、よさこいの魅力を語り合った。島崎さんが「踊り手と観客が一緒になって楽しめる」と語れば、毎年、夏に高知で合宿をしているという三…

この記事は有料記事です。

残り259文字(全文749文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

  4. 岐阜、長野、茨城……相次ぐ地震の原因は、南海トラフとの関連は 気象庁に聞いた

  5. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです