メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワールド碁

井山、AIにも負ける 韓国の朴九段が優勝

AI代表の囲碁ソフト「DeepZenGo」と対局する本因坊文裕(井山裕太九段)=大阪市北区で2017年3月23日午前10時34分、森園道子撮影

 日中韓3カ国のトップ棋士とAI(人工知能)ソフトの4者が争う囲碁の世界戦「ワールド碁チャンピオンシップ」は3日目の23日、大阪市北区の日本棋院関西総本部で第3局2試合があった。連勝同士の対戦となった韓国の朴廷桓(パク・ジョンファン)九段(24)対中国の羋※廷(み・いくてい)九段(21)戦は、朴が190手で白番中押し勝ちし、3戦全勝で優勝した。羋は2…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです