鳥インフル

宮城・養鶏場で陽性反応 簡易検査で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宮城県は23日、県北部にある養鶏場の採卵鶏舎で鶏を簡易検査したところ、高病原性鳥インフルエンザの陽性反応が出たと発表した。遺伝子検査で確定した場合、県はこの養鶏場で飼育されている約22万羽を殺処分する。

 養鶏場の経営者が23日、県北部家畜保健衛生所に「特定の鶏舎で多数の鶏が死んでいる」と通報。21…

この記事は有料記事です。

残り105文字(全文255文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集