メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

文学フリマ

プロ・アマ問わず作者自身が出店 前橋であす /群馬

 作者自身が出店者となる文学作品の展示即売会「第1回文学フリマ前橋」が26日、前橋市本町2の前橋プラザ元気21にぎわいホールなどで開かれる。プロ、アマ問わず、小説や絵本、写真集など多様なジャンルで「自分が文学と信じるもの」を販売する。前橋市出身の小説家、橋本純さんや詩人の北爪満喜さん、萩原朔太郎研究会も参加する予定。入場無料。

 文学フリマは、評論家の大塚英志さんの呼びかけで2002年に東京で始まり、各地に広がった。これまで13都市で36回開かれており、出店者の中には、トム・クルーズ主演の米ハリウッド映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」原作者、桜坂洋さんや、芥川賞作家の長嶋有さん、直木賞作家の桜庭一樹さんらもいる。

この記事は有料記事です。

残り104文字(全文416文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京で新たに131人感染 20代と30代で約100人

  2. 大阪で新たに17人の感染確認、16人が10~30代 京都でも9人

  3. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

  4. ORICON NEWS 『天才!志村どうぶつ園』16年の歴史に幕 10月から相葉雅紀MCの新番組

  5. コロナ感染止まらぬ新宿・歌舞伎町 区長はすがる思いで大物ホストの携帯を鳴らした

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです