メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

閉校式

大分市立碩田中、70年の歩みに別れ 来月から「義務教育学校」に /大分

碩田中学校の校旗を返納する在校生代表(左側)

 県内初の義務教育学校、大分市立碩田(せきでん)学園が4月に開校するのを前に、統合される市立碩田中学校の閉校式が24日、新校舎建設のため臨時で使っている市立住吉小の体育館であった。1、2年の在校生約230人が出席し、開校から70年の歩みに別れを告げた。

 佐藤修校長はこれまでに1万9804人の卒業生を送り出した同中の歴史を振…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  3. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

  4. 銅管楽器作り挑戦 学園祭で親子ら 江津・職能短大 /島根

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです