特集

森友学園問題

学校法人「森友学園」への国有地売却に関連するニュースを掲載しています。

特集一覧

森友学園

国有地売却問題 追及強める野党 政府・与党は幕引き図る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で中座から戻る安倍晋三首相。前列左から、財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、左から2人目は近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長=国会内で2017年3月24日午前11時18分、川田雅浩撮影
参院予算委員会で中座から戻る安倍晋三首相。前列左から、財務省理財局長だった迫田英典国税庁長官、左から2人目は近畿財務局長だった武内良樹財務省国際局長=国会内で2017年3月24日午前11時18分、川田雅浩撮影

 大阪市の学校法人「森友学園」への国有地売却問題で、野党は24日、前日の籠池(かごいけ)泰典理事長の証人喚問で「さらに疑惑が深まった」と追及を強めた。安倍晋三首相の妻昭恵氏ら8人の喚問要求を行ったのも、問題の不透明さを浮き彫りにして世論を喚起する狙いからだ。これに対し、政府・与党は幕引きを急ぐ姿勢だ。【朝日弘行、高橋恵子】

 「一ミリも真相解明をしようという気がない今の自民党、首相の姿勢に強い怒りを感じる。喚問は幕引きではなく幕開けだ」。民進党の山井和則国対委員長は24日、証人喚問を拒否した自民党の姿勢を批判した。

この記事は有料記事です。

残り584文字(全文843文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集