連載

布施広の地球議

布施広専門編集委員が国際政治の真相に迫ります。

連載一覧

布施広の地球議

ハンマーと北朝鮮

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東アジアを訪れたティラーソン米国務長官が北朝鮮に「全ての選択肢がある」とすごめば、北朝鮮は「どんな戦争にも対応できる」(朝鮮中央通信)と応じる。

 何ともきなくさい。少し冷静になって考えてみたい。

 「軍事力は力強いハンマーだが、直面する問題が常にクギだとは限らない」。米軍に伝わる言葉を私に教えてくれたのは、ヘンリー・シェルトン元統合参謀本部議長だ。

 2001年、米同時多発テロが起きた時の統参議長で、米軍制服組のトップ。私と会った02年8月には退任していて、軍服ではなくスーツ姿でコーヒーをいれてくれた。

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1201文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集