メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

春風亭一之輔のぶらっと落語歩き

今日のお題 鰍沢(山梨・富士川)

旅人が毒消しの護符を受けた妙法寺を訪れた一之輔さん=濱田元子撮影

旅の災難、スリリングに

 幕末から明治にかけて活躍した三遊亭円朝作の落語「鰍沢」。日蓮宗の総本山、身延山久遠寺(山梨県身延町)へ参詣に向かう旅人が遭遇した災難をスリリングに描く。旅人の足跡をたどり、舞台の山梨県富士川町を落語家の春風亭一之輔さんと、ぶらっと。

 朝7時ちょうどの特急「スーパーあずさ1号」に乗って新宿から甲府へ。JR身延線の特急「ふじかわ4号」に乗り換え、鰍沢口まで2時間7分。ゴロゴロとキャリーケースを引いた一之輔さんが、「寒いよー」と言いながら、プラットホームに現れた。

 今回は、地域の観光資源を生かす富士川町のユニークな町おこし企画「春風亭一之輔師匠と行く落語『鰍沢』…

この記事は有料記事です。

残り2056文字(全文2349文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  2. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

  3. 余録 お年玉付き年賀はがきの当選番号がきょう発表される…

  4. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです