メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

カフェでドヤ顔できるノートPCはどれ? 最新モデル5製品の実力をプロが採点してみた!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

PC市場は、各社の春モデルが出揃ってきています。それで「そろそろ新しいノートPCがほしい!」と気になっている人は多いのでは?

 

ライターの後藤宏さんは、なかでも使い勝手を高めた2 in 1モデルや軽量モデルはいまが買いどきだといいます。

 

「最新のノートPCは、CPUが新世代のインテルCore iシリーズに刷新され、従来モデルよりもパフォーマンスが大幅に向上。いまはまさに買い替えのベストタイミングといえます」(後藤さん)

 

ただ、ノートPCは外出先で使用する機会が多いだけに、周囲にアピールできるモデルを選びたいですよね。デザイン性でドヤるのもいいですが、多彩な接続端子にいろいろつなげてドヤったり、長時間使用でドヤったりするのもオツなもの。

 

よって本稿では、パナソニック、レノボ、東芝、富士通、NECの最新PC5機種を携帯性、スタミナ、拡張性の3項目でチェックしてみました。

 

ひとつめの携帯性は、本体サイズに加え、ACアダプタなども含め、持ち歩きがラクチンな度合を総合的に判断。スタミナは、最高の画面輝度で動画をループ再生。グラフの角度が急なほど電力消費が早いことを示しています。

 

最後の拡張性は、外出先でプロジェクターを借りるなどの機会があるもの。拡張端子の充実度を確かめました。なお、点数は5点満点です。

 

【その1】パナソニック「Let’s note XZ6 プレミアムエディション」42万7464円(パナソニックストア限定仕様)

シリーズ初の分離型の2 in 1タイプです。タブレット部分を取り外すと、約665g(※内蔵バッテリーLの場合。S搭載機は約590g)と片手でも持てる軽さに。SIMロックフリーのLTEモデルも用意。今回は背面に800万画素カメラを備える直販限定のハイエンド仕様で検証しました。

 

PC01_01

 

SPEC(CF-XZ6SFPPP) ●OS:Windows 10 Pro 64ビット/Home64ビット(選択可)、●メモリ:16GB、接続端子:USB 3.0×3、USB Type-C×1、HDMI出力×1、VGA端子×1ほか、●サイズ:W288.5×H22×D223.7mm、●画面サイズ:12.0型、●CPU:Core i7-7600U vPro、●ストレージ:512GB SSD、●質量:約1.224kg

 

ココがドヤ!

(1)キーボードベースと合わせて長時間駆動を実現、(2)VGAなど接続端子の充実度が随一!

 

基本性能CHECK!

「キーボードベースにも電池を内蔵し、合体時は厚みがありますが長時間駆動は魅力。いわゆるレガシーポートも搭載し、古めのプロジェクターも接続できるのは安心です」(後藤さん)

 

携帯性:3点

↑分離時は9.5mmと薄いが、キーボードベースを含めると22mm。検証した5製品で最も厚くなってしまう↑分離時は9.5mmと薄いが、キーボードベースを含めると22mm。検証した5製品で最も厚くなってしまいます

 

スタミナ:4.5点

↑独自テストで6時間を超える駆動が確認できた。5モデル中トップのdyna bookに僅差の2位にランクイン↑独自テストで6時間を超える駆動が確認できました。5モデル中トップのdyna bookに僅差の2位にランクイン

 

拡張性:5点

↑有線LANポートを備えるほか、アナログディスプレイ出力も搭載。ビジネスシーンに必要な端子を網羅する↑有線LANポートを備えるほか、アナログディスプレイ出力も搭載。ビジネスシーンに必要な端子を網羅します

 

【その2】レノボ「Lenovo YOGA910」実売価格18万7920円(80VF001HJP)

13.9型の4K液晶を採用したリングノートタイプの2 in 1モデル。ストレージ(SSD)をPCIe(※従来のSATA接続の最高転送速度600MB/sを大幅に上回るデータ転送が可能な接続規格)で接続し、データへのアクセススピードは驚異的。グラフィック性能も高く、デスクトップ機並みのパフォーマンスを誇ります。

 

PC02_01

 

SPEC ●OS:Windows 10 Home 64ビット、●メモリ:16GB、●接続端子:USB 3.0×1、USB Type-C×2(2.0、3.0各1基)ほか、●サイズ:W323×H 14.3×D224.5mm、●画面サイズ:13.9型、●CPU:Core i7-7500U、●ストレージ:512GB SSD、●質量:約1.38kg

 

ココがドヤ!

(1)ストレージのアクセス速度が圧倒的に速い、(2)3840×2160ドットの高精細な液晶画面

 

基本性能CHECK!

「モバイルPCとしては大きくて重いものの、高速アクセスなど、補って余りあるポテンシャルを備えています。外出先でも、がっちり仕事をしたいユーザーには、見逃せないモデルです」(後藤さん)

 

携帯性:2.5点

↑画面が13.9型とやや大きく、質量も約1.38kgと重め。ただ、14.3mmと薄く、ビジネスバックに収めやすい↑画面が13.9型とやや大きく、質量も約1.38kgと重め。ただ、14.3mmと薄く、ビジネスバックに収めやすいです

 

スタミナ :4点

↑独自テストでは約5.5時間駆動を記録。画面サイズが大きく消費電力がかさむが、3位に入る健闘をみせた↑独自テストでは約5.5時間駆動を記録。画面サイズが大きく消費電力がかさみますが、3位に入る健闘をみせました

 

拡張性:3点

↑USBはType-AとType-Cを備え、周辺機器の接続は問題なし。SDメモリーカードスロット非搭載は残念↑USBはType-AとType-Cを備え、周辺機器の接続は問題ありませんでした。ただ、SDメモリーカードスロット非搭載は残念

 

【その3】東芝「dynabook V82/B」実売価格22万5580円

スリム設計の2 in 1モデル。最長約17時間のバッテリー駆動時間を確保し、終日外出していても余裕で使えるうえ、急速充電にも対応します。付属は、USB Type-Cアダプタ(ポートリプリケーター)、アクティブ静電ペン。

 

PC03_01

 

SPEC ●OS:Windows 10 Home 64ビット、●メモリ:8GB、●接続端子:USB 3.0×1、USB Type-C×1(ポートリプリケーターにHDMI出力などを搭載)ほか、●サイズ:約W299×H15.4×D219mm、●画面サイズ:12.5型、●CPU:Core i7-7500U、●ストレージ:512GB SSD、●質量:約1.099kg

 

ココがドヤ!

(1)長時間の外出も安心な抜群のスタミナ性能、(2)コンパクトさを追求した本体設計

 

基本性能CHECK!

「駆動時間が長く、本体も極めてスリムなのは魅力です。ただし、接続端子が極端に少なく、ポートリプリケーターを持ち歩かない場合は、別途アダプタを用意するなど工夫が必要です」(後藤さん)

 

携帯性 :3点

↑本体だけなら5モデルで最も容積が小さく、携帯性は抜群だ。だが、ポートリプリケーターが別体のため減点↑本体だけなら5モデルで最も容積が小さく、携帯性は抜群です。ただし、ポートリプリケーターが別体のため減点

 

スタミナ:5点

↑独自テストでチェックした5モデルのなかで、最長となる約7時間をマーク。抜群のバッテリー性能を誇る↑独自テストでチェックした5モデルのなかで、最長となる約7時間をマーク。抜群のバッテリー性能を誇ります

 

拡張性:3点

↑ポートリプリケーターを含めれば平均的だが、常に携帯するのは面倒だ。本体はUSB 3.0とType-Cのみ↑ポートリプリケーターを含めれば平均的ですが、常に携帯するのは面倒。本体はUSB 3.0とType-Cのみ

 

【その4】富士通「LIFEBOOK UH75/B1」実売価格20万4984円

フルHD表示の13.3型液晶パネルを採用したクラムシェルタイプ。厚さ15.5mm、質量約777gと極限まで薄型・軽量を追求しながらも、有線LANなどキッチリとインターフェイスを用意。実用性に優れています。

 

PC04_01

 

SPEC ●OS:Windows 10 Home 64ビット、●メモリ:4GB、●接続端子:USB 3.0×2、USB Type-C×1、HDMI出力、有線LAN、SDカードスロットほか、●サイズ:W309×H15.5×D212.5mm、●画面サイズ:13.3型、●CPU:Core i5-7200U、●ストレージ:128GB SSD、●質量:約777g

 

ココがドヤ!

(1)15.5mmの極薄ボディに有線LANも搭載、(2)わずか約777gに抑えた超軽量設計

 

基本性能CHECK!

「バッテリー駆動時間が短めでしたが、ただの薄型・軽量モデルではなく、充実したインターフェイスなど実用性は5機種中トップクラス。サテンレッドはカフェでドヤれます」(後藤さん)

 

携帯性:5点

↑極限まで軽量化を追求し、タブレット並みの軽さを実現。ACアダプタも小型で、携帯性は抜群だ↑極限まで軽量化を追求し、タブレット並みの軽さを実現。ACアダプタも小型で、携帯性は抜群です

 

スタミナ:2.5点

↑試作機のため参考値だが、独自テストの結果は約3時間と少々心許ない。カタログスペック値は約8.3時間↑試作機のため参考値ですが、独自テストの結果は約3時間と少々心許ない。カタログスペック値は約8.3時間

 

拡張性:5点

↑右側面に折りたたみ収納式の有線LANポートを装備。SDメモリーカードスロットも備えるなど充実の仕様だ↑右側面に折りたたみ収納式の有線LANポートを装備。SDメモリーカードスロットも備えるなど充実の仕様です

 

【その5】NEC「LAVIE Hybrid ZERO HZ750/GA」実売価格22万1180円

リングノートスタイルの2 in 1モデル。質量は800g台で、最長約10時間のバッテリー駆動を実現するなど完成度は高いです。ディスプレイ表面にノングレア加工が施されており、照明の映り込みなどを抑えられるところも魅力。

 

PC05_01

 

SPEC ●OS:Windows 10 Home 64ビット、●メモリ:8GB、●接続端子:USB 3.0×1、USB Type-C×1、HDMI出力、SDカードスロットほか、●サイズ:W305×H16.9×D205mm、●画面サイズ:13.3型、●CPU:Core i7-7500U、●ストレージ:256GB SSD、●質量:約831g

 

ココがドヤ!

(1)コンパクトかつ軽量で携帯性抜群、(2)外光や照明の映り込みが少ないディスプレイ

 

基本性能CHECK!

「携帯性に優れ、スタミナ・拡張性とも、実用に困らないレベルで使いやすい。面耐圧150kgfのテストをクリアするなど、堅牢性も備えているので、持ち歩く機会が多い人にオススメです」(後藤さん)

 

携帯性:4点

↑コンパクトな本体サイズに加えて、800g台と軽量。ACアダプタも小さく、カバンにスッキリと収納できる↑コンパクトな本体サイズに加えて、800g台と軽量。ACアダプタも小さく、カバンにスッキリと収納できます

 

スタミナ:3点

↑試作機のためあくまで参考値だが、独自テストは第4位の結果。カタログスペック値は約10時間と長めだ↑試作機のためあくまで参考値ですが、独自テストは第4位の結果。カタログスペック値は約10時間と長め

 

拡張性:4点

↑USBに加え、HDMI出力やSDカードスロットを装備。古いプロジェクターにつなぐなどの必要がなければ十分だ↑USBに加え、HDMI出力やSDカードスロットを装備。古いプロジェクターにつなぐなどの必要がなければ十分

 

以上、パナソニック「Let’s note XZ6 プレミアムエディション」、レノボ「Lenovo YOGA910」、東芝「dynabook V82/B」、富士通「LIFEBOOK UH75/B1」、NEC「LAVIE Hybrid ZERO HZ750/GA」の5機の実力を確かめてみました。

 

合計で12.5点となったのは、「Let’s note XZ6 プレミアムエディション」と「LIFEBOOK UH75/B1」の2製品。機能でドヤりたいなら、高得点の最新PCを候補にしてみてはいかがでしょうか。

 

【解説してくれた人】

ライター 後藤 宏さん

業務にはスペックオーバーなモバイルPCを持ち歩き、ドヤ顔で仕事をする生粋のPCライター。

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 上皇后美智子さま、86歳に コロナで外出控え「泰然自若と」

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. 「鬼滅の刃」3日で興収46億円 観客340万人超、ともに最高

  4. Fact・Check 誤り 防衛大出身者は大学院入学を拒否される 大学院進学例、複数確認 BSフジは訂正

  5. 菅氏よもやの言い間違い次々…「説明能力」に疑問も 官房長官会見

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです