メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

仏ルペン氏

プーチン大統領と会談

 【モスクワ杉尾直哉】フランス大統領選(4月23日に第1回投票)に出馬する極右・国民戦線(FN)のルペン党首が24日、モスクワでプーチン露大統領と会談した。ルペン氏は欧州連合(EU)が科している対露制裁の解除を主張するなど、親露路線を訴えている。プーチン氏は米国のトランプ大統領に次ぎ、欧州の大国フランスでも親露派の大統領の誕生を願って、ルペン氏を特別にクレムリン(露大統領府)に招待したとみられる。

 プーチン氏が外国の大統領選などの前に候補者と会うのは異例。

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文546文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

  4. 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです