メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長野ヘリ墜落

県庁など家宅捜索 県警、事故原因特定へ

消防防災ヘリコプターの墜落現場を調べる捜査員ら=長野県松本市の鉢伏山で2017年3月7日、本社ヘリから

 長野県松本市の鉢伏山(1929メートル)に県の消防防災ヘリコプター「アルプス」が墜落し9人が死亡した事故で、県警は25日、ヘリを運航していた県庁(長野市)や県消防防災航空センター(松本市)など関係先を業務上過失致死容疑で家宅捜索を始めた。県警は、墜落時の機内の様子などを収めたカメラ映像の任意提出を県から受けたが、事故の原因特定には詳細な運航記録の押収などが不可避と判断し、強制捜査に踏み切ったとみられる。

 ヘリは5日午後1時半ごろ、山岳遭難の救助訓練に向かうため松本空港(松本市)を離陸したが、約15分後…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文698文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 死者54人不明17人 避難者3万8000人 雨に警戒を 台風19号

  3. 長野・佐久でボランティア受け付け開始 若者ら232人が片付けに汗

  4. NZ監督警戒「日本が組み合わせの反対側なのは幸運」 ティア1と認識

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ヶ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈り捧げる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです