森友問題

政府側答弁 苦しさ際立つ 参院予算委

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
「森友」問題に関する政府の説明と野党の指摘
「森友」問題に関する政府の説明と野党の指摘

 大阪市の学校法人「森友学園」(籠池=かごいけ=泰典理事長)の国有地売却問題を巡り、安倍晋三首相ら政府側は24日の参院予算委員会で、首相の妻昭恵氏の関与を強く否定した。昭恵氏付の官邸職員による籠池氏側へのファクス文書は職員個人による行為と位置付け、昭恵氏と籠池氏の妻との間のメールも公開。「潔白」をアピールして幕引きを図るが、苦しい答弁が続いた。野党の追及は収まる気配を見せない。【光田宗義、高山祐】

この記事は有料記事です。

残り1587文字(全文1787文字)

あわせて読みたい

注目の特集