民泊

「Airbnb」が体験型観光プログラムをスタート

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ゲビアCPO(右から2人目)とともに、「民泊で日本文化の精神を伝えたい」と意気込む盆栽師の平尾成志さん(左)、無店舗型魚屋の浅井有美さん(左から2人目)ら=東京都渋谷区のイベント&コミュニティスペースdots.で2017年3月21日、錦織祐一撮影
ゲビアCPO(右から2人目)とともに、「民泊で日本文化の精神を伝えたい」と意気込む盆栽師の平尾成志さん(左)、無店舗型魚屋の浅井有美さん(左から2人目)ら=東京都渋谷区のイベント&コミュニティスペースdots.で2017年3月21日、錦織祐一撮影

 米民泊仲介サイト大手「Airbnb」(エアビーアンドビー、https://www.airbnb.jp/)は21日、体験型観光プログラム「トリップ」を大阪でスタートさせた。昨年11月から東京など世界12都市で展開している民泊仲介サービスの一環。この日記者会見した共同創業者の一人、ジョー・ゲビアCPO(最高製品責任者)は「旅行は『どこに行くか』ではなく、その体験で『どのような人間になれるか』が大切。日本のさまざまな文化や人を世界に知ってほしい」とプログラムの成功に意欲を示した。

 同社は、単なる宿泊の仲介にとどまらず、さまざまな技能を持つホスト(受け入れ側)が体験型観光のメニューを提供する「トリップ」サイトを開設。現在800を超すプログラムが提供されており、東京ではそのうち160プログラムを展開中で、予約数はパリに次いで2番目の人気を誇るという。

この記事は有料記事です。

残り1408文字(全文1784文字)

あわせて読みたい

注目の特集