メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャリティーコンサート

震災遺児支援 復興へメッセージ

 東日本大震災で保護者を亡くした子供たちを支援するため全国の演奏家の有志72人が集結した毎日希望奨学金チャリティーコンサート「がんばろう日本!スーパーオーケストラ」(毎日新聞社主催)が24日、東京都新宿区の東京オペラシティコンサートホールであった。

     読売日本交響楽団、NHK交響楽団、仙台フィルハーモニー管弦楽団、札幌交響楽団などのメンバーに多数のソリストらも参加。楽団の壁を超えた一夜限りの協演で、震災遺児への学業支援、復興へのメッセージを届けた。

     7回目の今回は、全曲ベートーベンプログラム。海老原光さんが指揮し、仲道郁代さんがソリストを務めたピアノ協奏曲第5番「皇帝」に大きな拍手が起きた。仲道さんはコンサートの中で「(震災のあった)6年前のこと、その後のこと、皆さんがどう過ごしてこられたかを感じながら演奏しました」と話した。【鈴木隆】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」
    4. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
    5. 日産会長逮捕 再建神話、地に落ち 社員に衝撃と動揺

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです