メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

漫画家・小沢さとるさんの思い(その1) 生の証し、ゼロ戦描く

アトリエで執筆する小沢さとるさん=千葉県八千代市で、西本勝撮影

 白髪に178センチの痩身(そうしん)、鉢巻き姿。細い指が色紙の上を走る。0・9ミリのシャーペンで下絵を描き、次に極細の毛筆ペンを滑らせていく。輪郭を描き終え、今度は水彩絵の具で色を付ける。一枚一枚の色紙は「漫画の一コマ一コマの代わり」だ。畑が広がる千葉県八千代市郊外のアパートに小さなアトリエはある。

 漫画家、小沢さとるさん(81)=本名・暁(さとる)。1960年代の代表作「サブマリン707」や「青…

この記事は有料記事です。

残り623文字(全文824文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
  3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
  5. サッカー日本代表 香川PKで先制も、コロンビアが同点に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]