メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

所有者不明の土地=増田寛也・元総務相

災害復興にも影響深刻

 最近、「所有者がわからない土地が増えて困る」と嘆く市町村長の声を聞くことが多くなった。ある市では、都市計画道路用地を買収しようとしたところ、昭和初期に五十数人の共有地であったものがその後の相続で約700人の共有地となり、そのうち十数人は所在が不明で交渉が難航しているという。これは極端な例であるが、土地の所有者の把握に多大の時間と費用を要したり、それでもなお不明のため大きく計画を変更するか、断念したりする例が結構あるようだ。東日本大震災でも高台移転事業の区域で土地取得が難航し、9割以上の区域で計画変更が行われた。

 所有者を捜すためには、まず、登記簿に当たるが、登記するかは任意のため、相続が発生しても資産価値が無…

この記事は有料記事です。

残り1443文字(全文1762文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  3. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災
  4. 京アニ火災 男は関東地方在住の41歳か 免許証で判明
  5. 京アニ火災 新海監督「あまりにも酷すぎる事件です」 米国では寄付募集の動きも

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです