メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松浦弥太郎のお気に入り博覧会

ポール・ヘニングセンのペンダントライトPH5 暗さ味わう豊かさ

 部屋のインテリアを考えるにあたって、テーブルや椅子、ソファなどを、念入りに選ぶ人はいても、照明まで、こだわって選ぶ人は多くはないだろう。

 日本人が暮らしてきた、和室をメインにした住宅において、天井からつるす照明は、選択肢がほとんどなかったように思える。無ければ困るが、あればなんでもいいという感覚だった。

 幼い頃を思い出してみると、スイッチの長いひもがぶら下がった、中に丸い蛍光灯が2本入ったタイプのシーリングライトがどこの家にもあった。あれは日本ならではの照明なのだろうか。私たちにとって一番身近な照明であったのは間違いない。

この記事は有料記事です。

残り651文字(全文916文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 腹の虫がおさまらない?マメガムシ食べられてもカエルの尻から脱出 神戸大

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ベトナムで感染力強い型のコロナ流行か 首相「拡大防止へ重要な時期」

  4. 生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  5. 療養ホテル、沖縄は1カ月半「ゼロ」 菅氏が批判、知事は「予想より早く感染者増えた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです