メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

司馬遼太郎賞

混迷の時代こそ司馬文学を 贈賞式で葉室麟さん 歴史シンポで黒田如水論も 大阪

 <日曜カルチャー>

 第20回司馬遼太郎賞の贈賞式が2月18日、大阪市中央区のNHK大阪ホールで開かれた。小説『鬼神の如(ごと)く 黒田叛臣(はんしん)伝』(新潮社)で受賞した福岡県久留米市在住の作家、葉室麟さん(66)は記念のスピーチで「司馬さんの名前を冠した賞を頂き、夢のようです」と喜びを語った。【渡辺亮一】

 大阪で生まれ育った作家、司馬遼太郎(1923~96年)の活動を記念し、文芸、学芸、ジャーナリズムの分野の中から、創造性にあふれ、さらなる活躍を予感させる作品に贈られる同賞。全国の報道機関、作家、学者、文化人からアンケートをとり、候補選定委員会(司馬遼太郎記念財団を構成するマスコミ11社)が選んだ候補作について、井上章一(建築史家、国際日本文化研究センター教授)、後藤正治(ノンフィクション作家)、…

この記事は有料記事です。

残り1468文字(全文1825文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです