メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戸隠竹細工

職人の高齢化で「そばざる」不足に

切り出してきた竹を割いた材料で、竹かごを編む井上栄一さん=長野市戸隠で2017年3月1日午後0時7分、稲垣衆史撮影

 「戸隠そば」に欠かせない長野市・戸隠竹細工の「そばざる」が不足している。竹細工の中でもざる作りは特に高い技術が必要だが、高齢化で戸隠の職人は最盛期の10分の1ほどになり、全国のそば店からの注文に追いついていない。江戸期から地域の生活を支えてきた技術を守ろうと、中社竹細工生産組合は後継者の確保を目指し、模索を始めた。【稲垣衆史】

 中社近くの老舗そば店「戸隠堂」。店内の一角が店主、村上武夫さん(75)の竹細工工房だ。3年前から冬季休業中に熟練職人に師事し、そばざる作りを学び始めた。店用のそばざるさえ手に入りにくい状況を知ったことがきっかけだ。約50年ぶりの再開だった。

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1244文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 殺菌効果は半永久 ウイルスの不活性を早める銅繊維シート開発 新型コロナ

  2. 石川知事「交流は地域活性化」 宣言地域からの往来自粛呼びかけず、県民に不安の声

  3. 「6月に消費税0%」で令和の恐慌を防ぐ

  4. 見る探る 在宅勤務は?休業は? 出勤せざるを得ない人たちの苦悩 緊急事態宣言の街から

  5. 職員室で飛び交う暴言、下ネタ 「機能不全」に陥った神戸・東須磨小の抱えた「闇」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです