天皇、皇后両陛下

ウナギ養殖研究を視察

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
増養殖研究所でウナギの仔魚(しぎょ)の水槽の前で説明を受ける天皇、皇后両陛下=静岡県南伊豆町で2017年3月25日午前11時9分、代表撮影
増養殖研究所でウナギの仔魚(しぎょ)の水槽の前で説明を受ける天皇、皇后両陛下=静岡県南伊豆町で2017年3月25日午前11時9分、代表撮影

 静岡県下田市の須崎御用邸で静養中の天皇、皇后両陛下は25日、増養殖研究所南伊豆庁舎(同県南伊豆町)を訪ね、ニホンウナギの養殖の研究などを見学された。ウナギはふ化後、幼生からシラスウナギと呼ばれる稚魚に成長させるのが難しい。養殖技術の開発を進めているとの説明を受けた両陛下は、透明な幼生と稚魚の水槽を…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

あわせて読みたい

ニュース特集