カラス

さらに死骸20羽…24日にも50羽…東京の公園

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 東京都練馬区と板橋区にまたがる都立城北中央公園で25日、カラス約20羽の死骸が見つかったことが警視庁練馬署への取材で分かった。同公園では24日にもカラス約50羽の死骸が見つかっており、同署は病死や何者かが毒を食べさせた可能性などを視野に、同庁科学捜査研究所で胃の内容物を鑑定して死因を特定する。鳥インフルエンザは陰性とみられるという。

 同署は約50羽の死骸が発見された24日午後3時半以降、現場の半径約20メートルにロープを張り、警察官が24時間態勢で不審者の警戒にあたった。25日午後2時ごろ、木の上からカラスが落ちてくるのに気付き、園内を調べると24日とほぼ同じ範囲で死んだり衰弱したりした約20羽と、ムクドリ2羽が見つかった。

この記事は有料記事です。

残り243文字(全文560文字)

あわせて読みたい

ニュース特集