メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美とあそぶ

細川護熙さん/1 自由の境地 カッパに託す

 ちょうど60歳で永田町を去ってからは、ずっとやりたかった陶芸やら書やら絵やら、あれこれ美の世界に遊んでいます。そんな私も気がつけば来年で80歳。われながらまあ、よく遊んだものです。

 私の好きな言葉に<衆流截断(せつだん)>があります。宋代に編まれた仏教書「碧巌録」にある言葉です。要は世の風潮、時流を気にせず、自由におやりなさい、という意味です。私自身、何事にもとらわれずに生きたい、と願ってきましたから…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 処理水放出「誰か言わねば。捨て石でいい」 原田氏、持論再び

  4. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  5. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです