メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

無添加離乳食の製造販売 はたけのみかた社長・武村幸奈さん

小林めぐみさん(左)の畑に集荷に訪れた武村幸奈さん(中央)と加藤諒さん=滋賀県近江八幡市で、中本泰代撮影

安全な旬の食卓 未来へ

 風がまだ冷たい今月上旬。ベビーフード製造販売「はたけのみかた」社長の武村幸奈さん(24)と集荷担当の加藤諒さん(24)が、滋賀県湖南市の事務所から車で約40分かけて向かった先は同県近江八幡市。畑の中のビニールハウスで、小林めぐみさん(52)が丸々と太った大根20キロを用意して待っていた。「保存は新聞紙で巻くといいですか?」「そのままでも半月ほどは、どうもないけどね。これ、形が悪くてはねたイチゴ、食べて」「おいしい!」。武村さんと加藤さんが声を上げた。

 小林さんは、農薬も化学肥料も使わない農業を続けている。この日、2人に渡した大根は、同社の無添加ベビーフード「manma(マンマ) 四季の離乳食」の材料になる。小林さん自身も以前から、自分たちの野菜でベビーフードを作りたいと考えていた。資金面などから二の足を踏んでいた2年前、「同じことを考えている大学生がいる」と知人から紹介されたのが武村さんだった。

この記事は有料記事です。

残り1981文字(全文2396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック中止を申し入れ 共産都議団「コロナ対策に集中を」

  2. 国民民主、独自の編成替え動議提出 現役世代への10万円給付要求 野党協調にも配慮

  3. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

  4. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです