メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アタラシゴト・社会を変える一歩

無添加離乳食の製造販売 はたけのみかた社長・武村幸奈さん

小林めぐみさん(左)の畑に集荷に訪れた武村幸奈さん(中央)と加藤諒さん=滋賀県近江八幡市で、中本泰代撮影

 風がまだ冷たい今月上旬。ベビーフード製造販売「はたけのみかた」社長の武村幸奈さん(24)と集荷担当の加藤諒さん(24)が、滋賀県湖南市の事務所から車で約40分かけて向かった先は同県近江八幡市。畑の中のビニールハウスで、小林めぐみさん(52)が丸々と太った大根20キロを用意して待っていた。「保存は新聞紙で巻くといいですか?」「そのままでも半月ほどは、どうもないけどね。これ、形が悪くてはねたイチゴ、食べて」「おいしい!」。武村さんと加藤さんが声を上げた。

 小林さんは、農薬も化学肥料も使わない農業を続けている。この日、2人に渡した大根は、同社の無添加ベビーフード「manma(マンマ) 四季の離乳食」の材料になる。小林さん自身も以前から、自分たちの野菜でベビーフードを作りたいと考えていた。資金面などから二の足を踏んでいた2年前、「同じことを考えている大学生がいる」と知人から紹介されたのが武村さんだった。

この記事は有料記事です。

残り1992文字(全文2396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS BUMP OF CHICKEN・直井由文、不倫報道を謝罪「心よりお詫び申し上げます」[コメント全文]

  2. 案里被告から電話、30万円「あれ、なかったことで」 広島県議証言 東京地裁

  3. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  4. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  5. 「僕が駅を利用しない方がもうかるのか」 疎外感訴える障害者 無人駅巡りJR九州提訴へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです