メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

「もみじの家の一年」 病気の子の存在知って 31日まで世田谷 /東京

 重い病気の子どもと家族のための医療型短期入所施設「もみじの家」(世田谷区大蔵2)が来月、開設1年を迎える。施設のある国立成育医療研究センターで、利用者の様子をプロのカメラマンが撮影しパネル展示した写真展「もみじの家の一年」が開かれている。担当者は「写真展を見た人が、病気の子の存在や家族が抱える問題を知るきっかけになれば」と話している。

 施設は英国発の「子どもホスピス」を参考に昨年4月に設立された。たん吸引など医療的ケアが必要な子どもが短期滞在し、専門スタッフが24時間体制でケアし、さまざまな遊びも体験できる。つきっきりで子どものケアに追われる家族はリラックスでき、子どもも楽しめると好評だ。また、場合によっては家族も滞在できる。今年2月末までに180組、延べ315組の家族が利用した。

この記事は有料記事です。

残り223文字(全文569文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  2. JR東海が初の赤字、1920億円予想 新幹線利用の激減響く

  3. ORICON NEWS ローソン、外食企業35社とコラボ 地域の名店も参入

  4. なぜ今受ける? アニメ映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」 興収100億円を最速で突破

  5. ここが焦点 大阪市廃止で職員9割が特別区へ 人員配置計画に内部から懸念の声 都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです