メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真展

「もみじの家の一年」 病気の子の存在知って 31日まで世田谷 /東京

 重い病気の子どもと家族のための医療型短期入所施設「もみじの家」(世田谷区大蔵2)が来月、開設1年を迎える。施設のある国立成育医療研究センターで、利用者の様子をプロのカメラマンが撮影しパネル展示した写真展「もみじの家の一年」が開かれている。担当者は「写真展を見た人が、病気の子の存在や家族が抱える問題を知るきっかけになれば」と話している。

 施設は英国発の「子どもホスピス」を参考に昨年4月に設立された。たん吸引など医療的ケアが必要な子ども…

この記事は有料記事です。

残り350文字(全文569文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  3. 比例代表、れいわ2人目当選 重度身障者の木村さん
  4. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  5. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです