メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

盤上の風景

/10 将棋 加藤昌彦指導棋士六段 村山聖と殴り合った夜 /大阪

「人に感動を与える将棋を指して、トッププロで活躍したかった」と話す加藤昌彦さん=大阪市北区で、新土居仁昌撮影

加藤昌彦指導棋士六段(50)=大阪市城東区出身

 「加藤さんは負け犬ですよ」

 「お前、名人になるつもりやったら俺を殴れ」

 病気のため29歳で生涯を閉じた将棋の鬼才、村山聖(さとし)九段。純粋すぎる生きざまを描いたノンフィクション小説「聖の青春」は映画にもなり、感動を呼んだ。将棋に負けて奨励会を去ることになった加藤昌彦と聖が、酒を飲んだ後で殴り合う印象的なシーン。映画を見た加藤は「ほぼ、あの通りです。25年前のことなんですが、何とも言えない複雑な気持ちになる。ぼくは将棋界に帰ってくるつもりはなかったし、村山君もぼくとの別れが寂しかったんでしょう」。26歳の誕生日を目前にした1992年10月。3歳年下の村山はプロの六段。加藤は奨励会二段でプロ棋士の夢がついえた。

この記事は有料記事です。

残り1405文字(全文1737文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメフット 日大再回答に怒りあらわ 関学大監督
  2. アメフット 日大選手の嘆願書募集へ 関学大負傷選手の父
  3. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  4. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  5. 輸血 感染、対策後手 献血にウイルス混入 ジビエブーム、リスクに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]