メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

大阪高裁が死刑を無期懲役に減刑したって? /大阪

計画性の程度と判例重視 「裁判員意味ない」遺族が反発

 なるほドリ 大阪高裁が今月、1審の裁判員裁判が死刑を言い渡した二つの事件を無期懲役に減刑したんだって?

 記者 そうです。大阪・ミナミの繁華街で2012年6月に起きた無差別通り魔事件と、14年9月に神戸市長田区で小学1年の女児が殺害された事件です。

 Q なぜ減刑されたの。

 A 裁判長は違いましたが、重視されたのは計画性の程度と過去の裁判例の傾向でした。

この記事は有料記事です。

残り707文字(全文910文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  2. 東京五輪、空手マットを1円落札 組織委、金額伏せる

  3. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  4. ORICON NEWS 川栄李奈が第1子出産を報告「毎日に幸せを感じております」 廣瀬智紀パパに!

  5. ORICON NEWS 優香、第1子を妊娠 来年春に出産予定 青木崇高がパパに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです