メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「てんかん」市民講座

正しい理解を 発作の種類など学ぶ 宇部 /山口

 100人に1人がなるとされる「てんかん」について学ぶ市民公開講座「なるほど!『てんかん』」が26日、宇部市文化会館であった。同市の山口大医学部付属病院で診療に携わる医師3人が発作の種類や治療法などについて説明した。

 てんかんは、先天的要因の他、外傷や脳症などが原因で大脳の神経細胞が過剰な信号を出し、意識喪失やけいれんなど…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナガシマスパーランドでジャンボ海水プール営業開始 マスク姿で水しぶき 三重・桑名

  2. 都知事選、投票始まる 最多22人立候補、夜に大勢判明

  3. 静岡で工場火災 消防隊員3人、警察官1人と連絡とれず 煙充満、捜索難航

  4. コトバ解説 「心肺停止」と「死亡」の違い

  5. 木村花さんが死の前に母に告白したフジテレビの「あおり」とは 被害者からの反論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです