メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

総合学習、発展させ新教科へ

自分たちで調べた地域のことを発表する大阪教育大付属平野小3年の子どもたち=大阪市平野区で、平川義之撮影

 <kyoiku no mado>

 小、中学校で2002年度、高校で03年度に本格的にスタートした「総合的な学習の時間(総合学習)」は「教科書がなく授業を進めるのが難しい」と訴える教師がいまだ多く、学校間の取り組みの温度差が課題になっている。そこで文部科学省から研究開発校に指定された学校が、次々期の学習指導要領で新科目に採用されることを目指して、現場が導入しやすいカリキュラムを作る研究に工夫を重ねている。

この記事は有料記事です。

残り2349文字(全文2553文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 南北首脳会談 両首脳が握手 金正恩氏初めて韓国側に
  2. 中学の性教育授業 都と足立区が火花 避妊の方法はだめ?
  3. 広島県警 防犯カメラに逃走受刑者か 向島北部
  4. 総務相 スマホ「4年縛り、説明徹底を」 指針改正へ
  5. 有働由美子アナ マツコさんと同じ芸能事務所に所属

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]