希少動物保護

猫にチップ埋め込み義務化へ 奄美大島

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 鹿児島県の奄美大島5市町村は世界自然遺産登録を見据え、ノネコ(野生化した猫)から希少動物を守るため猫の飼い主に適正な飼養管理を求める条例を改正した。これまで努力目標だった猫の個体識別のマイクロチップ埋め込みを義務化し、飼育数を制限するなど飼い猫の管理をより強化した。周知期間を設け、10月1日に施行する…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文380文字)

あわせて読みたい

ニュース特集