フットサル

警察官が非行少年アシスト トルコ人も参加

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
フットサルをする少年、トルコ人、西署員ら=大阪市住之江区のマグフットサルスタジアムで2017年2月25日午後7時49分、伊藤遥撮影
フットサルをする少年、トルコ人、西署員ら=大阪市住之江区のマグフットサルスタジアムで2017年2月25日午後7時49分、伊藤遥撮影

 深夜徘徊(はいかい)で補導されるなどした非行少年と大阪府警西署員らが、大阪市内で毎月、フットサルを通じて交流を続けている。立ち直りのきっかけにしてもらおうと署が独自に始めた取り組み。地域で暮らすトルコ人も活動を知って加わるようになり、少年らにとって新たな出会いも含めた居場所になっている。

 2月下旬の土曜日の夜。市内のフットサル場に、ジャージー姿の少年らと若手やベテランの西署員、語学教師や大学教員のトルコ人計約20人の姿があった。混合チームを作って試合が始まると、ボールを蹴る音や、パスを呼ぶ活発な声が響く。「ナイスシュート!」「ナイスキーパー」。手をたたいて好プレ…

この記事は有料記事です。

残り428文字(全文713文字)

あわせて読みたい

ニュース特集