メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画と歩んで

監督・降旗康男/上 財務状況聞き東映入社

インタビューに答える降旗康男監督=東京都千代田区で、中村藍撮影

 「駅 STATION」「夜叉(やしゃ)」「鉄道員(ぽっぽや)」--。2014年に死去した高倉健を主演に、数々の名作を世に送り出してきた降旗康男監督(82)。それらの作品を撮影したカメラマンの木村大作(77)と9年ぶりにタッグを組んだ新作「追憶」(毎日新聞社など製作委員会)が5月6日から全国公開されるのを前に、これまでの映画人生を語ってもらった。

この記事は有料記事です。

残り1777文字(全文1951文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 毎日世論調査 アメフット、日大説明「納得できる」1% 
  2. 自民・萩生田氏 「男が育児、子供に迷惑」 持論を展開
  3. モリカケ問題 政府答弁は論点のすり替え? ネットで話題「ご飯論法」
  4. 毎日世論調査 加計問題、首相説明「信用できない」70%
  5. 森友 音声データに残る発言 交渉記録からなぜ欠落

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]