メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
旧くりでん

19世紀のレール確認 欧米製の中古品、東北の鉄道支える ファン調査 /宮城

くりでんの車庫横にあった車止め部分に使われたレールにある「UNION D 1889」の刻印。切断されて保管されていた=栗原市で

 「くりでん」の愛称で親しまれた旧くりはら田園鉄道。その駅舎などに使用された19世紀末の欧米製のレールが、栗原市の旧若柳駅構内の倉庫に残されていたことが分かった。「くりでん保存愛好会」事務局の鉄道ファンが2007年の廃止直後に調査し、今年改めて確認。さらに、九州での鉄道開業に向けて造られたとみられるレールなども含まれていることも判明した。鉄道に詳しい関係者は「歴史的に貴重な史料」と高く評価する。栗原市は4月1日開館の「くりでんミュージアム」に展示する。【山田研】

 調査したのは、同事務局の千葉弘悦さん(51)=同市。千葉さんは同社OBから「古いドイツ製レールが使…

この記事は有料記事です。

残り1080文字(全文1363文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 清掃車とタクシー衝突、歩行者巻き込む 男性客死亡6人重軽傷 京都市

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  5. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです