メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

直木賞

「仙台は私の古里」 恩田陸さんに「賛辞の楯」 市役所訪問 /宮城

奥山恵美子仙台市長(右)から賛辞の楯を受け取る恩田陸さん=仙台市役所で

 小説「蜜蜂と遠雷」で第156回直木賞を受賞した作家の恩田陸さん(52)が24日、仙台市役所を訪れ、奥山恵美子市長から「賛辞の楯(たて)」を受け取った。

 恩田さんは中学1~2年まで同市立五橋中に在籍。本籍がある同市には現在も度々帰省しているという。

 奥山市長は音楽コンクールを題材にした同小説について…

この記事は有料記事です。

残り198文字(全文348文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  2. 高校野球 練習試合で頭に死球、熊本西高の生徒が死亡
  3. さいたま 片山さつき氏の著書看板、条例違反 白塗り処置
  4. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  5. 記者の目 バルサルタン事件 無罪判決=河内敏康(東京科学環境部)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです