選挙

館林市長選 「安楽岡後継」譲らず 元自民県議対決、保守層も二分 /群馬

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月2日に投開票される館林市長選は、小林光一氏(70)▽須藤和臣氏(49)▽松本耕司氏(72)--の無所属新人3氏の争いとなった。須藤、松本両氏は同市を地盤とする自民党県議だった上、ともに故安楽岡一雄市長の後継を強調しており、保守層を二分する激戦の様相を見せている。【阿相久志】

この記事は有料記事です。

残り924文字(全文1064文字)

あわせて読みたい

注目の特集